行射 基本 弓道射法八節習得プログラム 土佐正明 練習方法

MENU

行射の基本

弓道では、矢を射ることを行射といい、その一連の動作のうち、足踏みから残心までの8項目を射法八節と呼んでいます。ここではそんな行射の基本について見て行きます。上達の参考になれば幸いです。

行射の基本記事一覧

行射の基礎となるべき最初の構えが足踏みですね。的を見ながら足を踏み開く動作になり、一足で開く謝礼系と2足で開く武者系の二種類あります。射法八節の第一項目になり、簡単な動作に見えますが単なる足開きではなく、正しい姿勢を作っていくうえで基礎となる重要な動作になります。その為、正しく正確に行う必要があり、習得してからも疎かにせず、常にしっかり出来ているか確認するようにしたいものです。そして、足踏みので大...

胴造りの重要性を理解していますか?弓道の胴造りとは、正しく弓に力を伝える為の重要な働きがあり、発射に備える体の構えになることから、終始行射の根幹となります。そして、足踏みし矢を持っ手は拳につけたままで、弓を持つ手を前に出し、背骨を伸ばして天井を突き上げるような気持ちで姿勢を真っ直ぐに伸ばします。この時は両脚の土踏まずと腰、両肩を結ぶ線の3か所が平行になるようにし、体の中心線に対し、十文字をなすよう...

引き分けで肩が上がるということはありませんか?的中を意識しすぎて、弓手を押すことにとらわれてしまうと、左右のバランスが崩れた射になります。打起こしから大三、そして引き分けへと移行する間は、体を均等に使うことを意識しながら、目通りを過ぎたあたりから、胸と背中の筋肉を使って左右均等に引き分けるようにすることが大切です。また、体の開きとは、背筋を伸ばすことによって肩甲骨を寄せて、胸をぐっと開くようにする...

打起こしがしっかり出来ていますか?弓構えが完成したら弓を持ち上げる動作になり、背中を伸ばして物見を定め、打起こします。この時のポイントは、静かに心ち整えて右肘を優先して打起こすことです。イメージとしては、右手を主にして左手はそれに従う感じを持つと良いでしょう。また、真後ろから見て二の腕の角度で45度くらいになるように打起こし、左肘がほぼ目の高さになり、弓の下端の弦輪をかける本はずが体の中心にくるよ...

矢の処理が上手く出来ているでしょうか?弓道で射を行う時に、弓や矢を落としたりするなどのミスをしてしまうことがあります。これを「失」と言います。その他にも、弦が切れる、筈こぼれする、もしくはそれらが複数起きることもあります。そのような時には、主なものから処理していくのが原則ですが、状況によって近いものから行ってくことも必要だと思われるので、基本から外れないようにしながら状況に応じて冷静に対応出来るよ...

射法八節の弓構えには、取懸け、手の内、物見という3つの動作がありますね。その中でも左手の弓の持ち方である手の内の作り方はとても重要になると思います。また、手のひらは、人差し指の下から小指の下までが天文筋、親指と人差し指の水かきの部分が虎口、親指付け根は拇指根、小指を深く曲げ指先が当たるところが掌根という名称になり、手の内を作る時には常に握り皮の正しい位置に来るようにするといいかなと。そして、手の内...

弓道で的中率をあげるには、弓の持ち方も大切になりますね。手の内を作り弓を支える持ち方には、中押し、上押し、ベタ押し(下押し)の3つがあるんですけど、弓の動きや力の入り方をスムーズにするためにも中押しを心掛けることが必要になると思います。力が上から加わる上押しでは親指に力が入りすぎて、弓が的の方に傾いてしまう状態になり、親指の付け根と弓の間に隙間が出来てしまいます。ですが、正しい手の内は親指が少し反...

弓道の矢番え動作の手順を理解していますか?体配には全日本弓道連盟が定めた坐射と立射の2つがありますが、見た目にも美しい矢番え動作が出来るようになりたいものですね。礼射系の坐射の矢番え動作の手順は、弓を立てて左膝を生かし、弦を返します。この時には弦が先に動くようにし、体と矢は平行で床とも同じす。そして、弦に当たるまで肘を持ってきて羽根の方に目を向けて、矢羽を目視してから矢を取り、顔を戻して、更にゆが...